前へ
次へ

どんな選び方や使い方をするのか

有名、知名度のある化粧品メーカー、ブランドが数多くある中、アイテム選びの基準はどこにあるのでしょうか。今や、国内ブランドより海外ブランドが人気ですし、諭吉ファンデと話題のコスメも発売されていたり、美容情報の幅の広さに困惑してしまいます。また、海外ブランドはボトルやケースも可愛い、オシャレです。デザインだけで選ぶケースもあるようですが、本来は、肌の状態やライフスタイルに合わせて選ぶことが各美容ブランドが推進しています。皮脂浮きからオイリー肌やノーマル肌、ドライ肌に分けることができます。さらに細かくするならば、オイリードライ肌が加わります。お手入れのステップと使用目的も、最近ではブースターと呼ばれる美容液やクリームもあるため、各ブランドによって使用順序は異なりますから、注意しましょう。使用量にも目安があります。クレンジングは濃いめのメイクによって多少異なりますが、クリームやジェルなどは直径2.5cm位、ポンプ式ならば2押し程度です。化粧水は約3ml 、目安はコットンが充分濡れる程度ですが、最近ではジェリー状や霧状のタイプも増えています。肌に乗せれば水になる、こうしたジェリー状の化粧水の場合には直径1.8cm位が目安です。

Page Top