前へ
次へ

肌への善し悪しは専門家に相談しよう

いつものスキンケアを使っているのに、肌に合わなくなってしまうことも、美容という点で悩みを深くさせているようです。季節の変わり目が原因ならば、使用しているアイテムは今のままで構わないのでしょうが、対策したくとも知識がないことには始められません。だからこそ、美容情報の収集には常にアンテナを張っておきましょう。ヘアケアはヘアサロン、ネイルはネイルサロンというように、相談できるサロンが多数点在しています。また、使い方が間違っているケースもあるようです。たっぷり使えば効果的、確かに、肌の乾燥の対策であれば、たっぷり使うのは有効です。しかし、それは化粧水にいえるだけで、乳液やクリーム、オイルなどをたっぷり使ってしまえば、ベタつきやニキビ、皮脂の過剰分泌に繋がることもあります。ヘアケアでも同じ、トリートメント成分を浸透させたいがために、洗い流しが足りないケースもあります。毛穴の詰まりによっては栄養成分が浸透せずに、抜け毛から薄毛を招くこともあるようです。汚れを落としたいからゴシゴシ洗う、かかとやひじ、ひざなどの古い角質をオフするためなら軽石を使って処理するのもありです。しかし、汚れ落ちであるならば、浮かせて落とすだけで落ちなければ、アイテムを見直しましょう。摩擦は肌にとっては大敵、肌がピリピリ感じたり、化粧水がしみたりするトラブルに見舞われることになるので、刺激レスとなる使い方で選びましょう。

Page Top