前へ
次へ

春のゆらぎ肌は機能回復を図ろう

季節という変化を肌が感じてしまえば、それはストレスになります。例えば、春には風によって黄砂や花粉、紫外線などの外的刺激に注意が必要です。特に花粉にアレルギーがあれば、かゆみ、鼻水、涙などの症状に悩まされることになります。赤みや炎症、シワやたるみなどを引き起こすこともあります。鼻のかみすぎで小鼻がカサカサ、目も乾燥したり、メリットなんて一つもありません。だからこそ、正しいスキンケアとベースメイクで外的ストレスに負けない健康肌をまずは意識しましょう。バリア機能が整えば、そこから美容効果の高いアイテムを使い、ビューティーアップを図りましょう。花粉の多い季節には、花粉をブロックするスプレーを使用しましょう。シュッとひとふきするだけで、花粉やPM2.5をブロックしてくれます。そして、肌のバリア機能を高めるには保湿が重要です。敏感な時も、潤わせて肌荒れを改善させてくれます。低刺激性の化粧水がおすすめで、さっぱりよりしっとり、あるいは超しっとりという使い心地で選びましょう。たっぷり使いたいから、大容量で低価格のふきとり用化粧水でコットンパックをするのもおすすめです。まずは機能回復を図ることに重点をおくため、皮膚科医監修などの化粧水も刺激が少なく、この時期にはおすすめです。

Page Top